Q&A
                   
Q:興味はあるのですが、誰でも始められますか?
   A:原則、18歳以上の方であれば銃を所持することが可能です。※
     また、光線銃を使った”ビームライフル”という種目は、銃を所持していなく
     ても楽しむことができます。(会場によっては年齢制限がある所もあります)   
    
    また、射撃はパラリンピックの種目でもあり、身体障害者の方でも楽しむことが可能です。


Q:どうやって始めればいいんですか?
   A:ライフル競技には当然、銃が必要です。所持の方法やショップの紹介のアドバイスが受けられる
   ためにも、まずはお近くのライフル射撃協会にお問い合わせられるのが一番です。
   ”とりあえず雰囲気だけでも”という方は、所持許可の要らない”ビームライフル”から始められる
   ことをお勧めします。
   ※ビームライフルの設備は多摩地区では府中市総合体育館にあります(高校生以上利用可能)
   利用可能日については事前に電話等で体育館の方にご確認ください 

           
Q:どんな競技があるのでしょうか? 
      
   ○エアーライフル(AR):
    ライフル射撃の基本とも言える種目です。空気銃を使って、10m先の標的を狙います。
    オリンピックの正式種目でもあり、大変奥の深い種目です
    使用する弾は、4.5mm鉛弾、標的の直径は1点圏が46mm、10点圏が0.5mmです。
  
    空気銃といってもモデルガンとは違いかなりの威力があり、発射時の弾の初速は160m/s
    (マッハ0.5!!)にもなります。(所持には許可が必要です)
    また距離が近い分、標的も小さく、10点に当てることは、計算上では200m先の10円玉に命中
    させるのと同じことになります。
    (実際は風や湿度の関係で同じ射角でも距離が長くなる程難しくなりますが・・・)
                
    種目:ARS60=立射(立った姿勢)で60発打った得点で競います。ARのメイン種目です
        ARP60=伏射(寝転んだ姿勢)で60発打ちます。

    所持の許可等はARと同様ですが、形状等に違いのあるハンドライフル(HR)という競技もあります。
   
   写真:ファインベルグバウM603
  
  写真:アンシュッツ2002(ラミネートストック)


   ○スモールボア・ライフル(SB or SFR)
    小口径ながら、火薬を使った弾を使用し、50m先の標的を狙う競技で、当協会でも、ARと
    並んで盛んな競技です。ただし、銃の所持はAR取得後、一定の条件を(段級の取得等)
    満たすことが必要です。
    使用する弾丸はリムファイヤー22口径(5.6mm)ロングライフル弾で、標的の直径は1点圏
    16.24cm、10点圏1.04cmです。
    種目:SFRP60=伏射で60発打ちます。
     SFR3P60=伏射×20、立射×20 膝射×20 と3つの姿勢で打ちます 
         
   写真:アンシュッツ2013(アルミストック)  

  
   写真:アンシュッツ2313(クルミストック)   


    
○その他
    ・ビッグ(ラージ)ボアライフル(BB or LB)
     50m〜300mの距離を8mm以下のセンターファイヤー弾で打ちます。
     SBを所持してからでないと取得することができません

    ・エアピストル(AP)
     空気拳銃を使って10mの距離で競技を行います。日本では500人しか所持を認められて
     おらず、所持するには、ARで初段以上が必要です。また、所持後も成績が悪いと、許可を
     取り消されてしまう、結構サバイバルな種目です・・。

    ・ビームライフル(BR)
     弾の代わりに光を出す銃を使って行う競技です。元は、ARの練習用に開発された物
     ですが、今や立派な競技の一つとなっています。
     基本的なルールはARとほぼ同じですが、なんと言っても自分で銃を持っていなくても
     競技できるのが魅力です。
     ただ、AR経験者は”いや〜風のせいで外しちゃった”との言い訳が効かないので、
     敬遠するとの噂もちらほら・・。


  
Q:どのくらいの費用がかかるのでしょうか?   
    A:最低限、銃は必要ですが、ARの場合、中古で10万円位〜新品で20〜30万円位です。
      他に銃を保管するロッカーや運搬j時に使うケースなどで3〜5万円くらい必要になります。
      射撃用のグローブやコートもあった方が良いに決まってますが、始めの頃は、スキーの
      手袋や、先輩のお古でも間に合います。逆に自分の癖や好みを理解してから購入した方が、
      無駄が少ないでしょうね。
          
   ランニングコストは安く、弾は1発あたりARで2円程度(SBは25円程度)なので、射撃場の利用料を
   含めても、1日あたり、2000円〜5000円(除く交通費・昼食)程度でしょうか・・。
   試合の時は記念品付きです。(^^)
          
   管理人の場合、「ゴルフよりは安上がりでしょ?」と言って奥さんを説得しました(笑)

Q:銃を所持するにはどのようにすれば良いのでしょうか? 
   A:こちらをご覧下さい (日本ライフル射撃協会へのリンク)
         
Q:普段はどんな活動をしているのでしょうか?
   A:小平市や東京都主催の公式試合に参加しています。基本的には個人競技ですが、誘い合って
     練習にでかけることもあります。

Q:どんな場所で試合(練習)をするのでしょうか?
   A:・府中総合体育館(BR・AR)   東京都府中市
     ・朝霞オリンピック射撃場(AR・SFR)  埼玉県朝霞市
     ・八代射撃場  山梨県八代町(AR・SFR)
     ・伊勢原総合射撃場 神奈川県伊勢原市(AR・SFR・LB・BR)
     ・長瀞総合射撃場  埼玉県秩父郡長瀞町(AR・SFR・LB)