リストマーク 標的射撃とは・・
   射撃競技には大きく分けて2つの種類があります。飛んでいるお皿を撃つ”クレー射撃”と
止まっている標的を撃つ”標的射撃”の2種類です。
我々小平ラ協が行なっているのは後者の標的射撃です。
なお、便宜上以降は”射撃”という言葉を使用させていただきます。

射撃は立派なスポーツの一つで国体やオリンピックの正式種目にも古くから採用されています。
しかも出場しているのは警官や自衛官といった方ばかりでなく、多くの一般人も含まれています。
 その必要能力は、集中力・精神力が主で選手として活動期間も他のスポーツに比べ大幅に
長いものです。趣味として楽しむと同時に、30歳以上からでも国体や世界大会を目指すことが
できるのも大きな特徴です。

ライン

リストマーク まずはお手軽に・・
   何事も体験が大事。でも、射撃に使用する銃はテニスのラケットとは違い、ちょっと人のを
借りて・・というわけには行きません。しかし大丈夫。ビームライフル(光線銃)なら面倒な
手続なしで、誰でも体験することができます。
 光線銃って昔のおもちゃみたい・・いえいえ、国体の正式種目にも採用されており、その精度は
本物の銃にも劣ることはありません。多摩地区では、府中市の総合体育館に設備がありますので、
利用可能日を確認の上、散歩のついでに立ち寄ってみてはいかがですか?

ライン

リストマーク ルールは守って・・
    射撃もスポーツですから当然ルールはあります。そしてその基本は”安全第一”です。
いくら危険のないビームライフルといえども、銃口を人に向けたり、射撃時以外にトリガーに
指をかけたりしてはいけません。(射場から追い出されます・・)
   的に当てて一喜一憂するだけなら、縁日の射的でも充分ですから・・。ルールも一緒に楽しんで下さい。

ライン

リストマーク
Q:興味はあるのですが、誰でも始められますか?
A:原則、18歳以上の方であれば銃を所持することが可能です。
  また、光線銃を使った”ビームライフル”という種目は、銃を所持していなく
  ても楽しむことができます。(会場によっては年齢制限がある所もあります)  
  射撃はパラリンピックの種目でもあり、身体障害者の方でも楽しむことが可能です。

ライン


リストマーク

Q:どんな競技があるのでしょうか? 
○ビームライフル(BR)
  光線銃を使った種目です。銃の所持・使用に許可がいらないため、誰でも楽しむことが
   できます。基本的な仕様はエア・ライフルと同じで10m先の標的を狙います。
      ビーム教室の様子                    ビーム用標的
          

○エアーライフル(AR):

  ライフル射撃の基本とも言える種目です。空気銃を使って、10m先の標的を
  狙います。
  オリンピックの正式種目でもあり、大変奥の深い種目です。使用する弾は、
  4.5mm鉛弾、標的の直径は1点圏が46mm、10点圏が0.5mmです。  
  空気銃といってもモデルガンとは違いかなりの威力があり、発射時の弾の初速 
  は160m/s(マッハ0.5!)にもなります。(所持には許可が必要です)
  また距離が近い分、標的も小さく、10点に当てることは、計算上では200m先の
  10円玉に命中させるのと同じことになります。
  (実際は風や湿度の関係で同じ射角でも距離が長くなる程難しくなりますが・・・)


  所持の許可等はARと同様ですが、形状等に違いのあるハンドライフル(HR)と
  いう競技もあります。


 写真:ファインベルグバウM603
【用語例】
☆ARS60:エアーライフル立射(スタンディング)60発
  立った姿勢で60発を1時間30分〜45分で撃ちます。
  応用:ARSL40=エアライフル立射女子(L)40発競技
☆ARP60:エアーライフル伏射(プローン)60発
  寝転んだ姿勢での競技で、もちろん得点はSよりも高めになります
  

○スモールボア・ライフル(SB or SFR)

    小口径ながら、火薬を使った弾を使用し、50m先の標的を狙う競技で、当協会でも、
    ARと並んで盛んな競技です。ただし、銃の所持はAR取得後、一定の条件を
    (段級の取得等)満たすことが必要です。
    使用する弾丸はリムファイヤー22口径(5.6mm)ロングライフル弾で、標的の直径は
    1点圏16.24cm、10点圏1.04cmです。
    
       
 写真:アンシュッツ2013(アルミストック)  
【用語例】
☆SFRP60(スモールボア・フリー・ライフル・プローン60発)
  寝転んだ姿勢で60発を撃ちます

☆SFR3P60(スモールボア・フリーライフル・3ポジション60発)
  伏射×20発、立射×20、膝射×20と三つの姿勢で行なう競技です。

☆SFR3P120(スモールボアフリーライフル・3ポジション120発)
  上記の各姿勢で40発づつ計120発を約3時間で撃ちます。体力・気力的にも
  厳しい競技で、終了後は2〜3Kg体重が減ってしまうこともあるそうです 


○ラージボアライフル

 大口径弾を使用した競技です。所持はSB所持後、一定の基準を満たすことが必要です。

○ピストル競技
 ARSやHRで初段以上を取り、日本ライフル射撃協会の推薦を受ければ、拳銃
 (空気拳銃=AP)を所持することが可能です。
 さらに、精進を積んでAPで4段を取得すれば、装薬拳銃を所持することも可能ですが、
 当協会にはそこまで極めた方は、まだいらっしゃいません・・。